義と愛を掲げた上杉の智将

直江 兼続
(なおえ かねつぐ)
1560年〜1619年



武将データ




三つ盛
亀甲に三つ葉



三つの亀甲の内側に三枚の葉を描いた紋。三つ葉ではなく花菱の説も。


■幼名 / 与六
■官位 / 山城守 ナド
■本拠地 / 越後・米沢
■居城 / 与板城・米沢城


義と愛の為に!
永禄3年(1560年)、樋口兼豊の長男として越後の坂戸城下(現在の新潟県南魚沼市)もしくは湯沢町に樋口姓が多いことから越後湯沢で生まれたと言われている。景勝が上杉謙信の跡を継ぐと、兼続も名門・直江家を継いで景勝の片腕として大いに活躍した。豊臣秀吉も欲しがるほどの才能を持ち、家康もその才を警戒したというほどの智将。謀略をもって敵を牽制した謀将という評価もあるが、上杉謙信の「」の精神を受け継いだ義将という評価が高い。秀吉が兼続を引き抜こうと、会津への国替えの際に米沢30万石掲示したとも言われているが、兼続は「景勝こそ我が主君」と固辞したとされている。優れた政治能力と、義を貫く誠実な人柄は多くの人を魅了した。石田三成前田慶次などとも友情で結ばれ、上杉家の人質としてやってきた真田幸村にも慕われ信奉されていた。



正義感の強い誠実なイメージの兼続ですが、築城や道の整備をしている事に難癖をつけて、上杉に謀反の嫌疑をかけた家康にブチ切れ、すかさず痛烈な家康を皮肉った直江状を叩きつける…なんていう熱い面も!時を同じくして家康に立ち向かった石田三成とは、性格は違えど、同じ想いを抱いた者同士ウマが合ったのかもしれません。関ヶ原にて三成敗北…という知らせを、離れた長谷堂城で聞いた兼続は、一体どんな想いで聞いたのでしょうか…。
関ヶ原の後、敗北した西軍に味方した上杉は、家康に謝罪の後、出羽米沢30万石へ減移封されます。兼続は領地を失いながらも、家臣たちをリストラすることなく、倹約に努め、産業を興し、上杉の為、家臣たちの為、領民の為に奔走しました。また、上杉家を守り抜くのに必死であった兼続ですが、三成の遺児の一人が米沢へ逃れてくると米沢郊外の掘金村の証誠寺に匿いました。 もし幕府に発覚すれば、上杉家取り潰しの口実を与えかねない行為でしたが、兼続は盟友・三成の遺児を断じて見捨てませんでした。二人の密謀や親友説には異論もありますが、兼続が義の人であり、三成と同じような想いを持っていた事は確かだと思われます!




誠実で有能、そしてその半面、家康に直江状を叩きつけたり、伊達政宗と敵対したり…「好き嫌いのはっきりした男」である直江兼続。
その"義"の心と、何かの為に尽力した姿が、今も評価される智将。それが直江兼続の、最たる人物像ではないでしょうか?





<<TOPへ直江兼続>>



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析