史跡やゆかりの地を紹介♪

義と愛を掲げた上杉の智将

直江 兼続

ゆかりの地探索コース
<1>
上杉神社稽照殿〜松岬神社

おすすめガイド

直江兼続ゆかりの地オススメコース、まず最初はここからスタート!


■山形・米沢

JR山形新幹線ほか米沢駅
米沢駅からバスで約11分、「上杉神社前」下車

兼続の奮闘が滲む地

▼上杉神社稽照殿
アクセス
[ MAP ]
拝観料・時間
大人400円・高、大学生300円
上杉神社は6時〜17時、稽照殿入館は〜15:45
電話
0238-22-3189(上杉神社社務所)



上杉謙信を祀った上杉神社の境内にある。謙信や景勝の甲冑など、上杉家伝来の遺品などを所蔵、展示している。国の重要文化財に指定されているものも多数あり、あの有名な兼続の「愛」の前立てなども見る事が出来ます!兼続と言えばやはりあの前立て。兼続が好きなら、絶対に一度は生で見てみたい貴重な品がたくさん!!


あの愛の前立ても見れる!


重要文化財や貴重な品ばかり




▼松岬神社
アクセス
[ MAP ]
入館料・時間
無料 / 境内自由
電話
0238-22-3189(上杉神社社務所)



稽照殿から徒歩3分ほどの所に隣接している上杉家の摂社。米沢藩の礎を築いた初代米沢藩主・上杉景勝とその家臣である兼続のほかに、名君として名高い9代米沢藩主・上杉鷹山など、6柱の功労者を祀っている。小さな神社だけど、米沢や米沢城に訪れる際は足を運びたい神社です!


上杉の功労者を祀る


もとの直江屋敷、その後景勝屋敷となった場所





<<直江兼続TOPへ>>



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析