史跡やゆかりの地を紹介♪

雲の如し天下御免の傾奇者

前田 慶次

ゆかりの地探索コース
<1>
松心山光照院善光寺〜米沢市立図書館

おすすめガイド

前田慶次ゆかりの地めぐりはここがオススメです!


■山形・米沢

JR山形新幹線ほか米沢駅

慶次が余生を過ごした地

▼松心山光照院善光寺
アクセス
JR山形新幹線ほか米沢駅よりタクシーで約10分
[ MAP ]
入館料・時間
無料 / 9時〜17時、入館は16時半まで
電話
0238-28-1638



慶次の庵「無苦庵」があった地区で、この地域に慶次ゆかりの史跡が多い事、ここに埋葬の説があることから、昭和55年に供養塔が建てられた。毎年命日と伝わる6月4日には、供養祭が行われている。紫陽花寺としても有名で、シーズンには一面が紫陽花の花で埋め尽くされます!


慶次の供養塔




▼慶次清水
アクセス
堂森善光寺の裏山を挟み、向い側。八幡原野球場裏
[ MAP ]

確かに慶次はこの地にいた!と思わせてくれる

堂森善光寺の西、八幡原野球場裏にある慶次清水。無苦庵のほとりに湧いているのを前田慶次が発見し、生活用水として使用していたと伝えられています。現在は雑木林の中、わずかに水が湧きでている池があるだけですが、原野が広がり、点在する森林には美しい湧水があふれていたという往時の風景に想いを馳せるのもまた一興!

※慶次清水まで行くにはよそ様の土地を通り、道のない林の中を歩いて行かなければ辿りつけません。訪問する際は近所の人に聞く等した方が良いですが、くれぐれも失礼のないように、一言尋ねてから行きましょう!!




▼米沢市立図書館
アクセス
JR山形新幹線ほか米沢駅より市街地循環バスで約10分。「文化センター南」下車すぐ。
[ MAP ]
入館料・時間
無料 / 火〜金は、9時半〜20時、土日祝は〜17時まで
休館日
月曜日
電話
0238-21-6111



市立米沢図書館には慶長6年(1601年)関ヶ原の戦いの翌年、京都伏見から米沢への道中を綴った前田慶次の道中日記が「前田慶次道中日記」として所蔵されています。平成13年に上杉氏米沢入部400年を記念して、復刻版を出版したところ評判を呼び、現在第7番を販売中。前田慶次自筆の京都から米沢までの道中日記で、道中の様子や土地の逸話などと共に慶次の詠んだ俳句和歌漢詩も記され、文学への深い造詣がうかがえます。定価2100円で、この図書館と、市内の書店でしか買えないので是非、足を運んでみては??

通販でも購入可能ですが、品薄なので要問合せです!



<<前田慶次TOPへ>>



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析