毘沙門天を拝した越後の龍

上杉 謙信


ここが萌える?
兼続関連のエピソードを紹介

敵の危機を救った謙信の義
敵に塩をおくる

生涯独身を貫いた謙信
生涯不犯の謎



◆敵に塩をおくる

敵の危機を救った謙信の義!


"川中島の戦い"で5度も戦った、謙信の最大のライバル・武田信玄。信玄との間には「敵に塩をおくる」という言葉の語源となったこんな逸話も言い伝えられています。川中島の戦いの後、1569年(永禄11年)。今川氏と北条氏が結託し、甲斐に塩を流通させないという「塩攻め」を開始しました。この塩攻めは甲斐の周辺国にも通達されます。塩は今も昔も生きていく上で欠かせないもの。しかし、信玄の領地である甲斐は山間の国なので、海から塩を得ることが出来ず、武田は今川と北条から塩のルートを絶たれ、甲斐の領民たちはたちまち塩不足に苦しむことになってしまいました。
甲斐の領民が塩不足に悩まされていることを知った謙信は、今川・北条の要請に対してこう言いました。

謙信:それで一番困るのは甲斐の国の民である。そんな事は出来ない。

謙信は、こんな行動に出ました。

謙信:甲斐に塩を売るのは駄目なのだろう。ならば…

そして謙信は、信玄統治下の信濃に塩を売り始めます。この時、謙信は信玄に「もしも越後商人が塩の価格を不当に釣り上げていたら対処するから連絡するように」という内容の書簡を送りました。
1月11日は、塩が当時の武田領の松本市に到着した日とされ、現在は"塩の日"となっています。今川・北条の塩攻めも策略の一環と考えることが出来ますが"毘沙門天の生まれ変わり"を自認する謙信にとって、戦には関係ない甲斐の領民を苦しめるのはお門違いだと考えていたのではないでしょうか。だからこそ今川・北条の思惑の抜け穴である"信濃に塩を売る"ことで敵である武田信玄に塩を送ったのでしょう。信玄も死の間際に跡継ぎの勝頼に対してこの様な事を言ったとされています。

信玄:あの様に勇猛な男と戦ってはならん…。謙信は頼むと言えば嫌とは言わぬ。謙信を頼み、甲斐の国を存続させよ…。

敵に塩を送り、その敵の訃報に涙する清廉なまでの"義"の心を持った謙信は、越後の虎とも越後の龍とも呼ばれ、生涯戦いの中に生きました。北条氏康からも「謙信は請け負えば、骨になっても義理を通す。若い大将の手本にさせたいものだ」と言われていた程義に厚い謙信。謙信に学んだ景勝や兼続の様に、現代に生きる私たちも、謙信に学ぶべきところが多くあるんではないかと思います。



◆生涯不犯の謎

一生独身を貫いた謙信の謎


後継ぎを産ませる為、もしくは周辺大名などと政略結婚させ、自分の勢力を拡大していく。そんな観点から、戦国武将達は一夫多妻制、妻や妾を数多く持つのが当たり前でした。そんな中、謙信は「生涯不犯」を貫き、死ぬまで側室はおろか、正室も持たず、独身のまま過ごしたといいます。その為実子はおらず、4人の子供全てが養子。この戦国武将としてあまりにも特殊な生涯不犯の謎には、いくつかの説があります。

(1)生涯未婚説
謙信の「生涯不犯」とは「生涯未婚」でいるという意味であり、異性との肉体関係を一切拒絶するという意味ではないという説。上洛時に山科の遊郭に遊びに出かけた逸話や、謙信の女性との恋愛の話など、女人との関係があった事を示唆する話も見られることからくる説です。

(2)謙信男色家/性的不能説
当時、武将達の間では"男のたしなみ"として衆道(男色・少年愛)が確立されていました。幼いころから仏教に親しみ、日常的に男色が行われていた寺社で教育を受けた事や、主人から性の相手として寵愛を受けることは名誉なこと、とされた事から衆道はなんら異常な事ではなかったのです。織田信長や武田信玄など、衆道の記録が残されている武将も多く、謙信も男色家であったという説があります。

(3)真言密教への帰依説
謙信は幼少の頃に一度仏門に入り、後に還俗しています。還俗はしても仏道を捨てた訳ではなく、それどころか厚い信仰心を維持していました。1574年には高野山から法印大和尚に任じられ、正式に僧になって剃髪しています。これ以降謙信は、侍女さえ身辺に近づけませんでした。高野山は女人禁制であり、開祖の弘法大師は生涯妻帯する事なく、謙信はそうした仏門・宗派の影響を色濃く受け、武将としてだけでなく僧としても生きていた為、生涯不犯という考えが出てきたのではないかという説です。

(4)謙信女性説
謙信が女性であったという有名な奇説。謙信の死因が大虫(婦人病)だった、毎月同じような日にひどい腹痛を起こし引きこもった(生理痛)、ゴンザレスというスペイン人の調査報告書に叔母という表記で紹介されていた、謙信の女性的な趣向や描写、肖像画が後世に描かれたものというなどの根拠から謙信が女性であったという驚きの説が言われています。

謙信には様々な説や逸話が残されていますが、家を存続させる事が第一の戦国時代、生涯不犯を貫いた謙信は"相当な変わり者"として見られていたようです。






<<TOPへ史跡案内>>



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析