史跡やゆかりの地を紹介♪

毘沙門天を拝した越後の龍

上杉 謙信

ゆかりの地探索コース
<1>
春日山神社〜春日山城跡

おすすめガイド

上杉謙信ゆかりの地オススメコース、まず最初はここからスタート!


■新潟・春日山

JR信越本線 直江津駅

難攻不落の山城跡へ

▼春日山神社
アクセス
直江津駅より城自動車バス春日山下経由高田中央病院行きで17分、春日山下下車、徒歩20分
[ MAP ]
拝観料・時間
宝物館200円
境内自由 / 9時半〜16時半(12〜3月は休館)
電話
025-525-4614



日本を代表する絵本作家・小川未明の実家として知られ、未明の父で旧高田藩士・小川澄晴が謙信を祀る為に創建した神社。神明造の社殿は1901年(明治34)に建てられたもの。境内の宝物館では、"毘"や"龍"の軍旗など、謙信の遺品や上杉関連の品々、小川未明の資料などを展示しています。毘沙門天の御加護による勝利を祈祷した毘の軍旗は必見です!!


謙信の銅像


上杉ゆかりの品々を多く展示




▼春日山城跡
アクセス
春日山神社謙信の銅像横より登る。本丸跡まで徒歩約30分。
[ MAP ]
電話
025-526-6910(上越市役所観光企画課)



謙信の居城として有名な春日山城。一度も敵に攻められたことがない難攻不落の山城で、自然の起伏を活かした土塁や空堀の遺構が数多く見られます。本丸跡や屋敷跡が残るほか、謙信が出陣前に戦勝を祈願した毘沙門堂、春日山城史跡広場には番小屋などが木造で復元されています。上杉家に代々仕えた直江氏の屋敷跡など、山全域に遺構があるので、3時間近くゆっくり見て回りたい所。


頸城平野や日本海を一望


必勝祈願をした毘沙門堂





<<上杉謙信TOPへ>>



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析