己が信念を貫いた忠義の将

石田 三成
(いしだ みつなり)
1560年〜1600年



豊臣の世を守る―。大一大万大吉に籠められた泰平の世への志高き想い。
豊臣秀吉の子飼いの将である三成は、秀吉の天下統一を支え、豊臣政権の基盤を築く為奔走した、忠義の智将。秀吉の死後、天下分け目の関ヶ原の戦いにおいて豊臣政権を守ろうと立ち上がるも、徳川家康に敗れ処刑された。

武将MENU





無料待受けをGET♪


<待ち受けDL>



TOPへ



(C)戦国乙女★史跡NAVI




携帯アクセス解析